Pages

Sponsord Link.

2012年12月29日土曜日

お前一人の考えでしでかしたことじゃないはずだ

誰にもそれぞれの方法がある。
それは誰にも変えられぬ。

畏れを知らない野生児は、自ら大蛇の居る洞窟に訪れたが大蛇の守る宝、出生を知っているだろうと小人から聞いている。森の中で仲良くなった小鳥は、戯れながら洞窟のそばまで導いている。
ファフナーが断末魔で問い返しているように、道程は違うとも定められた歴史が待っている。

ノートゥング!魔法の剣よ

刀を鍛えるセオリーをきちんと学んでいないジークフリート。
折れた剣を継ぐために、この世で一番の鍛冶屋であるミーメは苦心してできなかった。
ところがジークフリートは伝統や技法を無視、折れた剣を粉々に砕いて炉にくべた。
トネリコの灰を投げ込み、一から生み出す。大人たちは、現在あるものを保存した上で、そこに更に築こうとするものだけど、若者には時間がある。
無駄だといわれようと、その過程が新たな生産となる。

変身マント、きき耳ずきん、不死身の身体。そして魔法の指環を手に入れた。

音楽の出来としては、第二幕の半ばでワーグナーが作曲を五年間、放置したままにしていたこともあって統一感はない。
登場人物も、男ばかりで華やかさがない。
大蛇退治とか、その後、小鳥の囁きで旅にでるとか、眠り姫を目覚めさせるという筋立ては子供っぽい。
指環全体の本筋が見えていないと確かに『苦痛』だろう。

2012年12月28日金曜日

おっさん!そこどけよぅ ぶっとばされてぇんかぁ

おっさん どけよ、どかねぇと ぶん殴るぞ

と言っているシーン。オペラなので、対訳では上品な言い回しになっていることだろうが、ひねた小人に育てられた野生児だ。上流階級の言葉ではないだろう。

連夜放送中のスカラ座のオペラ。今夜は一番楽しみだった『ジークフリート』だ。
とかく『リング』の中でも
"よほどの「指環マニア」でもない限り、かなりの苦痛を伴うものと察する。"
と言われる。しかし、わたしの一番好きなオペラ。ワーグナーの中でと言うでなし、オペラ全体の中で好きな作品を指折れと言われたら、まず最初にこれを上げる。
どうして、と尋ねられたら、それを説明するだけで数夜要することになるかもしれない。
ワーグナーのオペラ全曲盤で、最初に買った。あるいは買えたといえるのかもしれないが、レコード店の片隅に売れ残っていたボックス。これくださいと指さした時、店長さんが『へぇ』という顔をしながらホコリを落とした。
地味かもしれないし、問答のようなシーンがパズルのようになっている。その幾何学的な構造が面白くもあった。
何より、父親の槍を自分が鍛えた剣で打ち破る第3幕は、多くのオペラに内包している家族、親子、男女の絆の核心ではないかと思います。

ジークフリート!

森の中で、宝を守る大蛇が、洞窟に隠れて、ジークフリートが訪れるのを待っている。


『昭和が終わった』英“サンダーバード”の制作者が死去

日本でもヒットしたイギリスのテレビ番組「サンダーバード」の制作者のジェリー・アンダーソンさんが、26日亡くなりました。83歳でした。

Gerry

2012年12月25日火曜日

メリー・クリスマス。


Coldplayからクリスマスメールが届いた。
日本は、土曜、日曜、月曜日と三連休となり、天皇誕生日よりもクリスマス・イヴの休日みたいなムードで、ケーキを食べたからもうクリスマスはおしまいなのだろう。明日からはもう、町中でクリスマスソングを聽くことは無くなって、お正月商戦が始まる。

欧米ではこれからウィンター・バケーションが始まる。
クリスマスチューンはまだまだ聴かれるし、挨拶も届くのだろう。


2012年12月23日日曜日

Macの定番 XLD バージョン 20121222 アップデート

Macの定番アプリケーションがアップデート。前回から二月ぶりになった。短い間に更新が何度かある場合もあれば、今回は安定したバージョンだったということだろう。細かなバグ・フィックスではなくて、24bit を扱う機会がぐんと増えたのでエンコーダがバージョンアップされたのが嬉しい。

XLD アップデート20121222

PR.